脱毛基礎知識!毛周期って何?

脱毛を検討している方の中には、「毛周期」という言葉を聞いたことがあるという方も多いと思います。

しかし、実際毛周期がどんなものかは分からない…という方は意外と多いのではないでしょうか?

そこで今回は、脱毛をする上で重要な基礎知識である毛周期ついてご紹介していきたいと思います。

毛周期とは何か?

毛周期というのは毛が成長しては抜け、再び生えてくるというサイクルのことを指す言葉です。

毛周期は大きく分けて

・成長期

・退行期

・休止期

という3つの段階があります。

次は、それぞれの段階について解説していきます。

1:成長期

成長期はその名の通り毛が成長して伸びていく時期で、成長前期と後期に分かれます。

成長前期というのは毛がまだ表皮まで出ていない時期のことで、毛根にある毛母細胞の活動が活発になり、細胞分裂を繰り返すことによって毛が成長して伸びていきます。

対して成長後期というのは毛が肌の表面まで伸びた後の期間で、徐々に退行期に入っていく段階のことを指します。

我々人間の毛というのは無限に伸び続けるというわけではなく、一定の長さになると成長が徐々に止まっていきます。そして、後述する退行期に入っていくことになります。

ちなみに髪の毛の場合は別ですが、この成長期の段階にある毛というのは全身の毛の中で10%~15%ほどを占めています。

2:退行期

成長期を終えた毛は、次に退行期に入っていきます。

退行期というのは毛の成長が止まった状態のことで、少しずつ毛も弱まっていき、やがて自然と抜けていきます。

3:休止期

退行期の後に来るのが休止期です。

この休止期というのは毛が毛根から完全に抜けた後の状態を指しており、しばらくの期間を置いて再度成長期を迎え、再び毛が生えてきます。

 

脱毛に適している時期はどれ?

毛周期には3つの段階があるとお伝えしましたが、この中で最も脱毛に適しているタイミングが成長期となります。

脱毛機のレーザーや光というのはメラニン色素に反応するようになっており、毛や毛根を蓄熱させて破壊し、脱毛するという仕組みになっています。

そのため、毛が段々と弱っていく退行期や毛が抜け落ちた後の休止期というのはメラニン色素が少なく、レーザーや光を反応させて毛根を破壊することが出来ません。メラニン色素が豊富な成長期が脱毛に最も適したタイミングと言えます。

そして、前述の通り成長期の毛というのは体全体の10~15%となっています。そのため、脱毛は何回かに分けて施術をしていく必要があるというわけです。

各部位の毛周期について

毛周期が一周するまでの期間は、実は部位によって差があります。

それぞれの部位の毛周期は

・顔:2~3ヶ月ヶ月

・脇:6~8ヶ月

・腕:1年

・膝:1年

・太もも:1年

・VIOライン:2~3年

というのが基準です。

そのため、脱毛にかかる期間も部位によって変わってきますので、脱毛クリニック・サロンの担当者とよく話合って施術のスケジュールを組んでいきましょう。

 

毛周期の乱れには注意が必要

脱毛をする際、毛周期が正常に回っている場合は一定の期間ごとに施術を行い、計画的に脱毛をすることが可能です。

しかし、毛周期が乱れてしまうとそれも叶わないため、普段の生活で毛周期が乱れるようなことがないよう注意する必要があります。

次は、毛周期が乱れてしまう原因についてご紹介していきます。

1:無理な自己処理

自分でムダ毛処理をする際に肌にダメージを与え過ぎてしまうと毛周期が乱れてしまう可能性があります。

例えば毛抜を使って無理矢理毛を抜こうとしたり、カミソリでの自己処理を短いスパンで行ったりすると肌のダメージが大きくなってしまいます。

また、肌に大きなダメージを与えてしまうと肌荒れや埋没毛などの肌トラブルに発展してしまう可能性もあるので注意が必要です。

自分でムダ毛処理をする際は、なるべく刺激が少ない電気シェーバーを使うようにしましょう。どうしてもカミソリでムダ毛処理を行うという場合は、複数枚刃のカミソリとクリームを併用するのがオススメです。

2:生活習慣の乱れ

毛周期は肌へのダメージだけではなく、生活習慣の乱れでも狂ってしまうことがあります。

例えばストレスを溜め込みすぎてしまったり、睡眠不足や暴飲暴食なども毛周期が乱れてしまう原因になります。

特に睡眠不足はストレス解消にも繋がりますし、睡眠中に分泌される成長ホルモンは毛の成長にも関係している物質なので毛周期の正常化を図る上で重要です。睡眠時間はしっかりと確保するようにしましょう。

最後に

以上、”脱毛基礎知識!毛周期って何?”でした!

毛周期について正しい知識を持つことで計画的に脱毛を進めることが可能です。

ただし、逆に毛周期が乱れてしまうと効率的な脱毛が出来なくなってしまうだけではなく、肌荒れや埋没毛などの肌トラブルに見舞われてしまう可能性もあります。間違ったムダ毛処理や生活習慣の乱れには十分注意しましょう。

最後まで見ていただきありがとうございました!

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP