埋没毛を防ぐための適切な脱毛方法について

脱毛やムダ毛処理において厄介な存在なのが埋没毛ですよね。

埋没毛は皮膚の下に毛が埋まってしまっている状態で、皮膚に毛が這っているような見た目なので気になるという方も多いと思います。

そこで今回は、埋没毛を防ぐための適切な脱毛方法についてご紹介していきたいと思います。

埋没毛の原因は何?

まずは、何故埋没毛が出来てしまうのかという原因について解説していきたいと思います。

埋没毛の主な原因は2つあり、

・乾燥や肌荒れによって肌の角質層が分厚くなってしまう

・間違ったムダ毛処理により肌がダメージを負ってしまう

というものがあります。

肌が乾燥したり肌荒れになってしまうと、人間の体は皮膚のダメージを少なくするために肌のターンオーバーを遅くし、古い角質層を溜め込んで分厚くしてしまいます。そして、この分厚くなった角質層の下に毛根が埋まってしまうというのが埋没毛のパターンの1つです。

また、間違ったムダ毛処理によって肌がダメージを負った際、そのダメージを修復する過程で毛根が表皮の下に埋まってしまうこともあります。

ムダ毛の処理をしているつもりが埋没毛が出来てしまい、余計に毛の処理に悩まされるということは往々にしてありますので、自分でムダ毛処理をする際は正しい知識と細心の注意が必要です。

埋没毛は基本的に毛根がある場所ならどこでも発生する可能性がありますが、特に自己処理を行う機会が多い脇やVIOライン、膝下、腕などは要注意です。

埋没毛を防ぐための自己処理のポイントとは?

埋没毛にならないようにムダ毛処理をするには、以下のポイントを抑えておきましょう。

1:カミソリではなく電気シェーバーを使う

ムダ毛の処理にカミソリを使うという方は多いと思いますが、カミソリは皮膚へのダメージが大きいため埋没毛になってしまうリスクが高いので危険です。

特にお風呂に入りながらムダ毛処理を行う場合、皮膚が水分を吸って柔らかくなっているところに強い刺激を与えることになるので絶対にやめましょう。

自分でムダ毛処理をする際は、カミソリではなく電気シェーバーを使った方が肌への刺激を抑えることが出来るのでオススメです。

また、どうしてもカミソリを使う場合は複数枚刃のものを用意し、クリームと併用してムダ毛処理をするようにしましょう。

2:自己処理の頻度を少なくする

ムダ毛処理の頻度が高いと、肌が乾燥してダメージを負いやすくなってしまうため埋没毛になってしまうリスクが高まります。

例えば1~2日おきにムダ毛処理をしていると肌がダメージを回復する間もなく次のムダ毛処理を迎えることになるため危険です。大体3~4日に1回程度の頻度に抑えるようにしましょう。

 

埋没毛が出来てしまった場合の対処のポイント

次は、埋没毛が出来てしまった場合の対処法についてご紹介していきます。

1:埋没毛は無理矢理抜かない

もし埋没毛が出来てしまった場合、焦って無理矢理抜こうとするのは逆効果です。

そもそも毛を無理矢理抜くという行為自体が肌に大きなダメージを与えてしまうため、余計に埋没毛が出来やすくなってしまいます。

加えて肌を傷つける行為を繰り返していると埋没毛だけではなくシミなどの原因にもなってしまいます。一度出来てしまったシミというのは消すのが困難ですので、そうした意味でも無理矢理埋没毛を抜こうとするのはやめましょう。

2:スクラブやピーリングでケアする

前述の通り、埋没毛は分厚くなった角質層の下に毛根が埋まってしまうことで起こる症状です。

そのため、スクラブやピーリングを使って古い角質を取り除き、毛根を表皮に出すという方法でケアすることも場合によっては可能です。

特にピーリングは毛穴に詰まった汚れなどを溶かす効果もありますので、肌の黒ずみの改善などの効果も期待出来ます。

ただし、スクラブやピーリングもやり過ぎてしまうと肌を傷つけてしまい、逆に埋没毛が出来やすくなってしまうので、大体1~2週間に1回程度にするようにしましょう。

3:肌をしっかりと保湿する

もう少しで出てきそうな埋没毛がある場合は、肌の保湿をしっかりと行うというのも効果的な手段です。

保湿をしっかりと行うことで肌のターンオーバーが正常に機能し、古い角質が自然と剥がれていきます。埋没毛もそれに伴って露出してくるので、安全に埋没毛を解消することが出来ます。

4:脱毛クリニック・サロンで永久脱毛する

脱毛クリニック・サロンで埋没毛を永久脱毛してしまうというのも効果的な手段です。

脱毛機のレーザーや光は毛根に作用するため、埋没毛でも問題なく脱毛することが可能ですし、永久脱毛すれば自分でムダ毛処理をする必要もなくなるので埋没毛を始めとした肌トラブルに悩まされる機会も大幅に減ります。

加えて、脱毛クリニック・サロンでの施術の場合しっかりとした知識を持った専門家主導のもとで脱毛を行うため、自分でムダ毛処理を行うのに比べて安心感があるというのもメリットです。

埋没毛を根本的に治したいという方は、永久脱毛を検討してみましょう。

 

最後に

以上、”埋没毛を防ぐための適切な脱毛方法について”でした!

埋没毛は気になってしまってつい無理矢理抜いてしまおうとしがちですが、無理な対処は肌にダメージを与えてしまうため逆効果になってしまうこともよくあります。

あなたも是非、今回ご紹介した方法で安全に埋没毛を解消していきましょう。

最後まで見ていただきありがとうございました!

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP