フェイシャルエステと脱毛の違いと効果について分かりやすく解説!

「フェイシャルエステでも脱毛と同じ様な効果が得られる」というお話を、あなたは聞いたことがありませんか?

フェイシャルエステの料金は約5000円~1万円。それに対して脱毛は部位にもよりますが10万円を超えることもあります。フェイシャルエステで同じ様な効果が得られるなら、そちらを選びたいと考える方もいると思います。

そこで今回は、フェイシャルエステと脱毛の違いや効果についてご紹介していきたいと思います。

 

フェイシャルエステと脱毛の違いとは?

それでは、早速フェイシャルエステと脱毛の違いについて解説していきます。

1:フェイシャルエステとは?

フェイシャルエステというのは一般的に、顔から首までの部分を集中的にケアするエステのことを言います。

主な施術方法としては血行を良くするためのマッサージや光エステ、パックなどがあり、肌質に合わせたアプローチ方法でお肌をケアしてもらうことが出来ます。

施術の初めにクレンジングでお肌のメイクや毛穴の汚れなどを取り除き、その上にトリートメントを行っていくというのが一般的です。

2:脱毛とは?

脱毛とはその名の通り、ムダ毛を生えないようにする処置のことを言います。

脱毛の方法としては脱毛クリニック・サロンなどでレーザー照射・光照射による施術を受けるのが一般的です。

脱毛器のレーザーや光は毛に含まれているメラニン色素に反応する性質があり、毛や毛根に熱を蓄積することによって破壊して、毛が生えてこないようにします。

また、家庭用の脱毛器なども販売されていますが、専門的な知識を持った上で脱毛をしないと肌荒れなどの肌トラブルに発展してしまう危険性があります。脱毛クリニック・サロンで専門家の指導の下で施術を受けるのが安全と言えます。

 

何故フェイシャルエステで脱毛と同じ効果が得られると言われているのか?

フェイシャルエステと脱毛では「お肌のケア」と「毛を生えないようにする」という明確な違いがあります。それなのにフェイシャルエステで脱毛と同じ様な効果が得られるというお話を耳にするのは何故なのでしょうか?

実はこれは、アプローチ自体は違えど同じ様なメリットが得られるというのが原因です。

例えば、フェイシャルエステと脱毛に共通するメリットとして

・化粧のノリが良くなる

・毛穴が目立たなくなる

というものがあります。

フェイシャルエステの場合は肌をケアして、肌のコンディションを良くすることで化粧のノリを良くすることが出来ます。

その一方で、脱毛は顔の無駄な産毛を無くすことで化粧のノリを良くすることが可能です。

また、フェイシャルエステをすることで毛穴に詰まった汚れを除去することが出来ます。毛穴に汚れが詰まってしまうというのは毛穴が広がったり黒ずんだりしてしまう原因になりますので、フェイシャルエステを受けることは結果的に毛穴を目立たなくすることに繋がります。

脱毛の場合は、毛根を破壊して抜け落ちさせることで毛穴が自然と閉じるため毛穴が目立たなくなります。

フェイシャルエステと脱毛は全く異なる方法ではありますが、こうした同じ様なメリットがあるため比較されることがよくあります。

その他、フェイシャルエステには

・小顔になる

・肌の保湿が出来る

・ほうれい線が薄くなる

・肌のシミや黒ずみの対策になる

などのメリットがあります。

対して脱毛には

・ムダ毛処理にかかる継続的な手間やコストを削減する

・毛穴が閉じるため、皮脂や汚れが皮膚に溜まりにくくなる

などのメリットがあるのも特徴です。

 

フェイシャルエステと脱毛それぞれのデメリットとは?

メリット自体は共通するものが多いフェイシャルエステと脱毛ですが、それぞれデメリットは異なります。次はその点についてご紹介していきます。

1:フェイシャルエステのデメリット

フェイシャルエステのデメリットとしては、脱毛と違って効果が永続するわけではないという点が挙げられます。

脱毛の場合は一度毛根を破壊すればもうそこから毛が生えてくることはないため、生涯に渡ってメリットが持続します。

しかし、フェイシャルエステで整えた肌のコンディションというのは永遠に持続するわけではなく、おおよそ1週間~10日ほど持続すると言われています。

そのため、フェイシャルエステで得た美肌効果を持続させるためには、定期的にフェイシャルエステに通わなくてはいけないというのが難点です。

2:脱毛のデメリット

脱毛のデメリットとしては

・すぐに効果が得られるわけではない

・施術後に肌がダメージを受ける

という点が挙げられます。

脱毛処置というのは1回の施術で完了するわけではなく、おおよそ半年ほどの期間をかけて定期的に施術を行う必要があります。そのため、すぐに脱毛のメリットを得られるわけではないというのがデメリットです。

また、レーザー脱毛や光脱毛というのは毛根だけではなく肌にも若干ダメージを与えてしまうので、施術直後は肌が炎症を起こしてしまいます。そうした炎症を抑えるために、飲酒や運動を避けたりと一時的に生活習慣を変える必要があるという点もデメリットと言えるでしょう。

 

最後に

以上、”フェイシャルエステと脱毛の違いと効果について分かりやすく解説!”でした!

フェイシャルエステと脱毛は共通のメリットがありますが、効果が持続するかしないか?というのが大きな違いになります。双方の特性をしっかりと把握して、自分に合った選択肢を取っていきたいですね。

最後まで見ていただきありがとうございました!

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP